header-training
navi-training
  title  
     
 
night-training
 

当センターのコース面積は、12,638.85平方メートルの広さがあります。
スキッドコースなどの設備と多数の車両が常備され、経験豊かな指導員が、研修生一人ひとり、どの実技・場面でも適切に指導にあたります。また、実技内容では、日常点検からエコドライブ、車両管理・整備、スキッドコースを利用してのスピン体験など多種・多様な実技研修ができます。

 

 

夜間研修(写真左)

夜間走行における運転の特性や対向車両からの影響などによる、危険性を理解する。

 

 
  training01  
 

トラックの基本的な構造から、ドライバーとして日常点検を実施する法的根拠や目的を理解し、安全走行に繋がる点検項目と実施要領を学ぶ。

 

交通事故の実例分析にもとづく再発防止対策。
点検不備からの事故の要因を分析し、日常点検の必要性を理解する。

 

運送業界に課せられた環境対策への取組と環境に配慮した運転の推進をする。また、エコドライブの推進者としての必要性を理解する。

 
  training02  
 

車高・視野・死角・外輪差とトラックの構造上の特性を把握することの必要性を理解する。

 

速度差による停止距離の違いと停止するまでの反応時間を理解する。
危険予測に伴う安全運転行動をとるための認知・判断・構え行動の必要性を理解する。

 

濡れた路面や滑る路面(スキッドコース)を走行し、ロックブレーキとABSブレーキ等の差異を理解する。

 
     
  navi-training-4  
     
  *研修予約状況はこちらへ  
 
*お申込書のダウンロードはこちらへ   navi-return
 
navi